自分でできる、SEO対策。

この記事が役に立つ人

  1. ローカルな狭い地域で、お店を構えている人
  2. 1に当てはまる人で、HPを持っているけど、検索上位に上がってこない人
  3. 1に当てはまる人で、SEO対策は難しいと思っている人

せっかく作ったHPが、検索に出てこない!

先日、旦那のお店・床屋さんのHPをリニューアルしました。

その際、ドメインは変えずに、サーバーの引っ越しをしました。

さくらサーバーから、ロリポップに引っ越しし、wordpressで作り替えたのです。

ドメインは10年近く使っているので、「地名 業種」で検索すると、googleで1ページ目には出てきていましたし

ズバリお店の名前で検索するともちろん1番目に出てきていました。

理容室は、ローカルかつ競合店が多い職業なので「地名 業種」で1ページ目に出てくれば、SEO対策はまず合格だと思います。

ここ浦安は、転勤の方が多いので、常に理容室や美容室など探してる方が常にいる状態です。

だからローカルでちゃんと検索に出てくるようにしておくのはとっても大事です。

他にも歯医者さんなどのクリニックや、クリーニング店などの生活に必要なサービス業は、特に大事です。

ところが!

リニューアルHPを公開して1ヶ月後、まったく検索に引っ掛からなくなっていることに気がつきました!

「地名 業種」で、googleでもyahooでも出てこない!

それどころか、ズバリ店名で検索しても出てこない!!

焦りました。

「なんで??ドメインは変えてないのに!!」

ドメイン変えなければ、検索順位も変わらないはずなのに。。

気付いて色々やって1週間で、まったく検索に出てこなかった状態から、リニューアル前より検索上位に上がるようになったので、何をやったか書いておきたいと思います。

※SEO対策というより、私が抜けてただけの話かもしれません。

検索結果ゼロからのSEO対策

対策する前の状態は

「地名 業種」→最後のページまで見ても出てこない
「店名」でも!→最後のページまで見ても出てこない

というように、死んでました。

幽霊みたいなHPだったということです。

それが、試行錯誤しながら以下のような順番でやってみたら、ちゃんと検索に上がるようになりました。

  1. Googeアナリティクス導入
  2. Googeサーチコンソール導入でURLのテスト
  3. WPプラグイン「AIOSEO」インストールしてSEO対策をちゃんとやる
  4. yahooロコに申し込みする
  5. さくらサーバーの古いHPデータを消す

1.Googeアナリティクス導入

まず、アナリティクスを入れて、アクセス数を調べることにしました。

古いHPにはアナリティクスを入れていましたが、ちゃんと検索エンジンでは上位に出ていたし、ドメインを変えていないので検索結果が急に下がる事はないだろうと、入れていなかったのです。

そのうち入れよ。と思っていました。

導入のやり方はこちらが分かりやすいです。

『Googleアナリティクスとは?導入方法から設定・使い方まで解説』

  • アクセス数
  • リアルタイムのアクセス数
  • ユーザーがどの検索ワードできたのか
  • ユーザーがサイト内でどんな動きをしたのか
  • スマホで見てるのか、PCで見てるのか

などです。

ユーザーがサイトに辿り着いてからの分析をすることができます。

結果は、もちろんアクセス数ゼロでした。

でも、この時点では本当の原因が分かりませんでした。

だって、URLは変わってないから!と思い込んでいたので。

2.Googeサーチコンソール導入で気が付いた

次に、Googleサーチコンソールを入れてみました。

サーチコンソールでわかるのは

【やさしい】Googleサーチコンソールとは?使い方・設定の基本 - マーケティングオートメーションツール SATORI

Googleサーチコンソール(Google Search Console)とは、Googleが提供しているインターネット検索の分析ツールです。検索キーワードの表示回数・順位の推移や、サイトが抱…

googleサーチコンソールでは、

  • サイトに問題がないか
  • URLがGoogleにちゃんと登録されているか

など、ユーザーがサイトに辿り着く以前に、ちゃんとHPとして機能しているのかを調べることができます。

サーチコンソールを入れて、さっそくURL検査をしてみました。

すると、

URLがGoogleに登録されていません
このページはインデックスに登録されていませんが、エラーではありません。
インデックス未登録の理由は、下記の詳細情報をご覧ください。

と、出ました。

その下に、

Googleは、以下のURLをインデックス登録しています。

http://barbershop-arima.com


ここで気がつきました。

あ。
、、、URL変えてた。


ロリポップにサーバーを変えた際に、SSL化をして

http://〜

https://〜

にしていたのでした!

なので、新しいURLでインデックス登録の申請をしました。

SSL化とは

簡単にいうと、セキュリティの強化です。

SSL化しないとどうなるかというと

  • 第三者が情報を改ざんしたりする恐れがある
  • googleがSSL化を推奨しているので、今後google検索に引っ掛からなくなる可能性がある
  • ブラウザのアドレスバーに「保護されていない通信」と表示されるので、訪問者の信頼を損なう可能性がある
    こんな風に表示されてしまいます。

アドレスバーに、鍵マークがついていればSSL化されており、安全なサイトということになります。

びっくりマークに「保護されていない通信」て書いてあったら、このHP大丈夫か!?と思ってしまいますよね。

ロリポップでは無料で簡単に設定できるので、設定しました。

詳しくはこちら
『ロリポップ独自SSLについて』
https://lolipop.jp/manual/user/ssl-original/#search-word=SSL%E5%8C%96

だから、古いさくらサーバーのHPがまぐれのようにヒットしていたのですね。

でも、この時点では

「新しいHPが検索に引っ掛からないんだから、このせっかくヒットする古いのはサーバーから消さないで取っておかないと!」と思っていました。

正しいURLをインデックス登録したから、もう大丈夫かな?と思ったけど、まだ検索に出てきませんでした。

時間がかかるのかな?と思っていました。

3.WPプラグイン「AIOSEO」導入してSEO対策をちゃんとやる

次に、「そもそも、リニューアルするときにSEO設定をちゃんとした記憶がないな」と思い、WPでできるSEO対策を調べました。

昔、DreamweverでHPを作ってた時は、SEO対策といえば、html内に「メタキーワード」「メタディスプリクション」など手入力することでした。

検索エンジンに引っ掛かるワードを複数設定しておく、ページを利用するユーザーからは見えない情報です。

例えばこんな感じです。

<meta name=”keywords” content=”理容,床屋,浦安,シェービング,駅近”>


でもWPで作ると、こんな設定をするところがないのですよねー。

なので調べて、「AIOSEO」というプラグインを入れてみました。

このAll in One SEOは、SEO内部対策で重要なメタタグやサイトマップを設定できるプラグインです。

インストール方法、使い方はこちらが分かりやすかったです。
『All in one SEOとは! Word Press利用者の必須ツールを使いこなそう!』

すると、手順通りにセットアップしていけば、全部のページにちゃんとSEO対策が出来ました。

やっぱりSEO対策で大事なのは、HTMLの基本。

  1. ユーザーニーズを予測した、検索キーワードの選定
  2. 内部リンクの設計
  3. タイトルタグ・見出しタグのルール
  4. コンテンツの質と量
  5. スマホでの見やすさ
  6. ページスピードの改善


魔法などはなくて、ユーザーにとって使いやすく有益なHPを地道に作ることが、検索エンジンにとっても大事なようです。

これで、各ページのSEO点数が70点くらいになりました。

3.yahooロコに無料登録

次に、yahooで「地名 業種」で検索したときに、まったく引っ掛からない件について。

「地名 業種」で検索圏外だと、床屋さんは致命的です。

なので登録しました。

登録はここから↓
『Yahoo!プレイス』

一通り店舗情報を登録すると、

次の日店舗に電話番号の確認がかかってきます。

すると、2日後には、なんと市内の理容室35件中、2位に躍り出ていました!

なぜいきなり2位になったのかは、調べてみましたが分かりません。

たくさん書き込んだからかな、としか思いつきませんが
1位のお店もそんなに書き込んでないのですよね。

それより、市内には、35件以上理容室があると思うのですが、自主的にYahooプレイスに登録してる店舗は35店舗しかないってことなんですね。

みんなやったら良いのにな。

5.さくらサーバーの古いデータを消す

これで、yahooロコでは表示されるようになったので一安心です。

でもまだ、Googleではまったく表示されません。

数日前、Googleサーチコンソールに新しいURLを登録しましたが、まだ登録されていません。

Googleは、以下のURLをインデックス登録しています。

http://barbershop-arima.com


と出ています。

新しいのがなかなか検索に引っ掛からないもんだから、保険のつもりで古いのを残しておいたのですが、そのせいで新しいURLが登録されないようです。

なので、もうyahooプレイスでは検索に出るようになったことだし、古いHPをサーバーから消しました。

すると!

2日後ぐらいにサーチコンソールを見てみると、新しいのがちゃんと登録されていました!

なんだ、、

早く消せばよかった。

すると、その2日後くらいには、ズバリ店名で検索をかけるとちゃんと1位に出てくるようになりました。

ということは、しっかりGoogleに登録されたということ。

それからGoogleで「地名 業種」で検索すると、15番目ですがちゃんと出てきました。

でも、この世に存在してないかのように端にも棒にも引っ掛からなかった、1週間前より全然マシです!

理容室を選ぶお客さんは、なんとなくですが、自分に合いそうなお店を見つかるまでスクロールして探すと思うので、トップに出なくても良いのです。

これで一安心、解決です。

検索結果ゼロから上位に上がるためにやったこと

  • Google、Yahooプレイスへの登録をして、外部からの流入を確保。
  • Googleサーチコンソールで、URLがちゃんと登録されてるか調べる。
  • 「All in One SEO」を使って、見出しやキーワードなどのタグをきちんと設定する。
  • 古いサイトは速やかに消す。

これだけで、1週間で検索結果が復活しました。

SEO対策というか、単に私の記録になってしまいましたが、どなたかの参考になればと思います。

HP制作させていただく際には、このようなSEO対策も試行錯誤しながらいたします。
お気軽にお問合せください。

ご依頼、ご相談はこちらからどうぞ!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です