ホームページは必要か、迷っているあなたへ。

ホームページは必要か、迷っているあなたへ。

HPを持つことに興味があるけど、迷っている、と言う事業主・店舗オーナー様へ。

迷っている、いまいちその気になれないとう原因は、こんな感じではないでしょうか?

  • SNSやレビューサイトで十分では?
  • SNSとHPとの違いがわからない。
  • 結論、HPはあったほうがいいの?
  • 誰に頼めばいいかわからない。

SNSやレビューサイトで十分では?

でも、今や消費者にとってはHPはあって当たり前のツールとなっていますね。

お店の名前が分かれば、すぐ検索します。

すると、お店のHPではなく、食べログなどの情報サイトや、SNSにヒットしたりします。

そこにアクセスすると、十分に必要な情報は得られます。

例えば飲食店なら

  • 人気があるか
  • 美味しそうかどうか
  • 営業時間、定休日
  • アクセス
  • 電話番号、予約方法
  • 料理の写真
  • お店の雰囲気

などなど、「行ってみようかな」と思える要素は十分に伝えることができます。

特に、レビューやお客さまの声は大事ですよね。

レビューは、お店を利用するかしないかの、大きな判断基準になります。

なので、お客さんに「情報を伝える」という意味では十分にHPの代わりとして使えます。

お客さんが知りたい情報は全部載っているからです。

この記事を読んでいる、SNSをすでに使いこなしている方は、SNSのポジティブな影響力をもう実感していると思います。

では、SNSとHPとの違いは?

SNSやレビューサイトと、HPの違いは、ズバリお店・事業主様の想いが伝わるです。

お店の想いと言うと抽象的ですが、簡単に言うとデザインです。

デザインは、お店や事業のコンセプトをより明確に伝えることができます。

目に飛び込んでくる色、写真、余白、文字の大きさなどから生まれる印象は、HPの持ち主の「佇まい」そのものになります。

SNSの役割

  1. お客さまとのコミュニケーションツールになる
  2. 認知度が高まり、広がる
  3. スピードがあるので、お知らせがすぐ届く
  4. 写真で見せられるので、直感的に「今」を伝えられる
  5. 自分のやり方でいくらでも広げられる

HPの役割

  1. イメージ、コンセプト、ストーリーを正しく伝える
  2. サービスの詳細、情報を正しく伝える
  3. 会社案内など載せることで、安心感、信用度が上がる
  4. 問い合わせ機能、ブログ機能、カート機能なども付けられる
  5. 複数の情報発信プラットフォームのハブや母船のような役割になる

結論、HPはあったほうがいいの?


結論は、

あった方がいい!です。

一番大事なのは、サービス・商品が生まれたストーリーだからです。

誰が作って、どんなふうな思いで、どうやって生まれたかのストーリーをきちんと伝えるHPが大元にあることが大事だと思います。

それをSNSなどで拡散していくスタイルがいいと思います。

それから、HPがあると信用度が高まります

例えば、あなたがSNSで気になる商品やサービスを見つけた時、大元のHPを探してチェックしませんか?

その時の気持ちは「どんな会社(お店)が作ってるの?」ではないでしょうか?

そしてそのHPが、商品やサービスのコンセプトをきちんと伝えていて、デザインも間違えずにイメージを伝えており、問い合わせ・予約フォームもしっかりあれば、信用度はすごくアップしますよね。

そこで初めて、サービスを利用しようかな、と思うと思うのです。

私ならそうです。

SNSだけでも集客はできますが、HPを見た、より理解のあるお客さんを集める方が、事業・お客さん共に好ましい関係を築けるんではないかと思います。

5番目の
「複数の情報発信プラットフォームの、ハブや母船のような役割になる」

も、とても大事だと思うのです。

たくさんのプラットフォームやSNSで、なかなか最新情報をアップデートできなかったり、公式HPに来れば本当の情報が見られるので、事業・お客さん共に安心です。

また逆に、プラットフォームやSNSのリンクを貼り、拡散してもらうきっかけにもなります。

サービスが拡散されるということは、情報がとっ散らかってしまうということでもあります。

だからなおさら、正しい情報が載っているHPが必要なのです。

なので、SNSでそこそこ集客できていたとしても、HPを持つことはおすすめです!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です